再婚へのプロポーズまでの必勝テクニック

結婚相談所, お断り, 再婚, 婚活

結婚相談所で婚活中の女性は、男性が意識している割にはバツイチなのは気にしていない!? 詳しくはコチラのページへ

女性からお断りされる理由

結婚相談所

お断りの心構え

もし、あなたがこれから結婚相談所を通じて、
婚活を始めようと思っているのであれば、
女性から交際をお断りされる事は当たり前と思っていてください。

 

もちろん、交際して成婚をお互い目指して
男女とも結婚相談所に入会するのですが、
初めての申し込みの相手ですべてが上手く行くことはまずありません。

 

あなたが、相手の女性を選べるのと同じように、
女性もあなたのことを選ぶことができます。

 

お見合いにこぎつくまでも、
数多くの女性からお断りされるかもしれません。

 

そしてやっと、仮交際が始まったのに
数回のデートでお断りの連絡だってくるでしょう。

 

もし、あなたが相手の女性を気に入っていたのなら、
落ち込むことだってあるでしょう。

 

それくらいで、凹んで次に進めないようであれば、
婚活は止めた方があなたのためです。

 

それが婚活なのであるという意識を
しっかり持った上で婚活を始めて下さい。

 

 

ここでは、女性が男性をお断りする時は一体どのような心境なのか?

 

また、そのような場合、
あなたはどのように考えて気持ちを切り替えればいいのか?

 

以上のことに対して、アドバイスしたいと思います。

 

結婚相談所はアドバイサーに相談できる


女性がお断りをする時の気持ちとは?

結婚相談所

お断りのケースはあなたが
【アドバイザーがいない結婚相談所】
【アドバイザーがいる結婚相談所】
どちらを選んだかで違ってきます。

 

 

 【アドバイザーがいない結婚相談所】

 

もし、あなたが今後アドバイザーがいない
結婚相談所に入会された場合です。

 

相手から正式なお断りの連絡がきたら、
運がよかったと思ってください。

 

確かに、結果だけをみれば残念ですが、
結婚相談所では『音信不通』はもはや当たり前と思ってください。

 

もちろん、相手も「傷つく言葉を相手に伝えたくない」という気持ちなのでしょうが、
『お断りの連絡=音信不通』だったら、それはそれで大変です。

 

メールなどを送っている立場からすると、

 

「メールが届いていないのかな?」
「メールに気付いていないのかな?」
「忙しいのかな?」
「返事もないのに、続けて送ったら嫌われるかな?」

 

などと、いろいろ考えてしまいます。

 

その点、相手から正式なお断りのメールが届くと、
どうでしょうか・・・

 

あなたは心置きなく次の相手を探すことができますよね。

 

 【アドバイザーがいる結婚相談所】

 

あなたがアドバイザーが付いている結婚相談所を選ばれた場合は、
『音信不通』でお断りされることはないでしょう。

 

 

しかし、いくらアドバイザーがいる結婚相談所に入会したとしても、
あなたの元に数多くのお断りの連絡が届くことは覚悟しておいてください。

 

 

やっと、仮交際が始まり、
あなたは「この女性とは気が合うな」と思って、
2〜3回のデートをしたとします。

 

しかし、数日後アドバイザーを通じて、
お断りの連絡がくることもあるでしょう。

 

この時、相手の女性の多くは、
あなたのことが嫌いになったわけではありません。

 

多くの女性は、
「この先にもっとイイ出会いがあるかもしれない」
などと、思ってしまいがちです。

 

 

女性は男性と違い気持ちの盛り上がるまでに時間がかかります。

 

そのため、仕方がない部分でもあります。

 

結婚相談所は数多くの出会いが待っているのは、
表向きのメリットとしてあります。

 

しかし、数多くの出会いがあるため
「1人1人との出会いを大切にしなくなる傾向がある」
これが裏に隠されたデメリットです。


断りの受けた時の、次に進むための気持ちの切り替え方は?

結婚相談所

何度も繰り返しますが、
結婚相談所では何度もお断りを受けることがあるので、
あなた自身で次に進むための気持ちの切り替え方が重要です。

 

人間ですから、相手の女性からお断りを受けて喜ぶ人は、
まずいないでしょう。

 

しかし、そこで落ち込んでいても先に進むことはできません。

 

「女性からお断りを受けて落ち込むことは、あなたに余裕があるから」
このことをしっかりと覚えておいてください。

 

くれぐれも、気持ちに余裕があるから気軽に婚活できるのではありません。
気持ちに余裕がないから婚活を頑張るのです。

 

あなたの中に気持ちの余裕がないのであれば、
「もっと自分にふさわしい女性に出会えるチャンスを見つけないと」
と、思うはずです。

 

婚活する気持ちに余裕がなければ、
落ち込むことを時間の無駄に感じて、
早く次の出会いに進むことができるでしょう。

 

 

そして、落ち込まない対処法としては
「相手の女性に期待しないこと」です。

 

もちろん、デートの前日などはいろいろ妄想して楽しみではありますが、
あなたが一方的に想像を膨らませデートに臨むとします。

 

そして結果的に、成就しなかった場合、一気に落ち込んでしまいます。
本交際に入るまで、あなたの中で過剰な期待は禁物です。

 

 

 

ここで、注目してほしいことは、
「落ち込むのはあなただけじゃない」
と、いうことです。

 

もし、あなたが落ち込んだ時、
どのような女性が目の前に現れると魅力的に感じますか?

 

たくさんのお断りを受けて沈んだ気持ちの状態で
お見合いに臨む女性を魅力的に感じるでしょうか?

 

 

男性に限らず、女性だって数多くの相手からお断りを受けます。
そして、落ち込む女性もたくさんいます。

 

そんな時、ポジティブ思考で積極的な男性が現れるとそうでしょうか?
きっと、女性の目には頼りがいがあると思うに違いありません。


女性からお断りをされない男性になるための恋の駆け引きとは?

結婚相談所

では一体、結婚相談所における恋の駆け引きとはどのようにすればいいのでしょうか?

 

恋愛に駆け引きは重要ですが、まだ付き合ってもいない状態です。

 

しかも、今後結婚を前提に付き合うかもしれない
女性と恋の駆け引きなど、一般の生活ではありません。

 

 

この境遇はお互い、結婚相談所に入会しているからこそありえる状態なのです。

 

結婚相談所における上手い恋の駆け引きは、
相手に【話す事】【あまり話さない事】【話さない事】などを明確にわけることです。

 

 

 【話す事】

 

客観的にわかる「仕事」や「年収」や「年齢」はもちろんですが、
そのようなプロフィールではありません。

 

まず、直接会ってから何を話すといいでしょうか?

 

これは、まず『あなたの魅力』を相手に真っ先に伝えるべきです。
もちろん、ただ自慢するのではありません。

 

まず、あなたの長所を書きだすことをおススメします。

 

何も、遠慮することはありません。
素直にあなたが誇れるものをまずは書いてみましょう。

 

きっと、意外に自分の良さを見直すことができ、自信がつくと思います。

 

 

 【あまり話さない事】

 

これは、けっこう見落としがちなことです。

 

少しは話さないといけないのですが、話しすぎてもいけないことです。

 

それは『あなたの予定』です。

 

もし、うまく仮交際に発展すると、
お互いの予定をあわせてデートすることになるでしょう。

 

 

そんな時、相手が私の予定に合わせやすいようになどと考えて、
スケジュールをすべて報告してもあなたの価値が下がってしまいます。

 

人間は誰しも「いつでも会える人」と「やっと会えた人」では
会った時の達成感が違います。

 

また、「今日の休みは一日中暇で家にいました」などと、
メールをしてもあなたの価値は上がりません。

 

何も、本当のことを素直に全てを伝えることが正しい・・・
とは、限らないのです。

 

会っていない状態の時、あなたの価値をどのように上げるかが
恋の駆け引き上手だと言えるでしょう。

 

 

 【話さない事】

 

ここでは、代表的かつ見落としがちなこと3つをお伝えします。

 

 

あなたの欠点

 

もし、欠点を話すことで笑話にすることができれば問題ないでしょう。

 

それに、これを伝える事で更にあなたの魅力を上げる事もできますが、
それはなかなか難しいですし、諸刃の剣のようなものなので、
慣れない内はやめておいた方がいいでしょう。

 

 

あなたが相手に求める条件

 

一方的に、あなたの結婚相手に求める条件を話したところで、
相手はいい印象をあなたに抱くことはないでしょう。

 

むしろ、女性にしてみれば品定めされていると感じてしまいます。
そして、結果的にあなたの価値は下がってしまいます。

 

 

討論や議論

 

これは男性脳と女性脳の違いで起こる違いです。

 

男性は討論や議論は好きですが、
女性は好きではありません。

 

もし、女性との話を盛り上げたい場合は相手の話を聞いて共感してあげてください。

 

いくらあなたと違う考えを相手の女性が持っていても、
否定してしまうような発言は絶対にしてはいけません。

 

なぜなら、女性の話を正しい考え方に導こうと思って、
あなたとしてはよかれと思って話していても、
女性は傷つけられたとしか思いません。

 

男性特有の自己中心的な会話ではなく、
女性に寄り添う会話を意識してください。

 

女性があなたとの会話に求めているものは
「女性の話を楽しく聞いてくれる相手」です。


          このエントリーをはてなブックマークに追加